ミノクルニュース!!~「大人の悪いところ」は「考えを押しつける」「間違いを認めない」 新潟県の中高生、いずれも4割超~


 

小中学生と高校生らを対象に新潟県が3年ごとに実施している青少年健全育成実態調査で

大人の悪いところを「子供の話を聞かないで自分の考えを押しつける」「自分の間違いを素直に認めない」と思っている中高生が、それぞれ4割以上に上ることが分かった。

 

大人に厳しい評価が突きつけられた格好だが、小学生からは「悪いとは思わない」との回答も約3割あった。

 

調査は昨年9月、同県内の小学5年521人と中学2年502人、高校2年546人、保護者1569人の計3138人に実施。回収率は92・5%だった。

 

14の選択肢から複数回答で大人の悪いところを尋ねたところ、全年代で最も多かったのは中2の半数近い48・0%が指摘した「考えを押しつける」で、高2も40・8%あった。高2の回答での最多は「間違いを素直に認めない」で43・9%を占めた。中2も41・4%にのぼり、小5は23・0%だった。小5の回答での最多は「イライラして怒りやすい」で38・1%あった。

 

この調査項目について、県青少年育成係の担当者は「子供の考えを把握するのが目的」としており、保護者に参考にしてもらえればいいとの考えだ。

 

(引用文献:産経ニュース/http://www.sankei.com/life/news/170426/lif1704260035-n1.html)

 

これは大人に関してではなく全ての人に対してそう思いますwww

つまり固定概念で生きている人が多すぎるんですよね爆爆

しかしこれは結論が日々の生きている姿勢に問題があると思います。

 

固定概念が強いって言葉からどんな事がイメージ出来ますでしょうか??

・年齢が高い

・知識が多い

・逆に年齢重ねてから知識が増えていない

 

図で多かった解答として

・自分の考えを押し付ける

 

というのが挙がっていますが、これの原因はそのプロセスに対して自己評価が高すぎるのです。

これは間違いを認めないにもかなり繋がってきますね。

 

人間とは無知であるという事以外正直知っていないのです。

どれだけ学んでも全知全能になれるはずがありません。

しかし生きていく中で何事も柔軟に対応する必要が本来あります。

 

例えば若い子の文化に、考えてを理解しようとしないと理解出来ないでは意味が全然違います。

 

弊社は家庭教師の先生達が学生さんなので若い人が多いです。

正直理解出来ない事はありますが、その先生に合わせて研修を行っています。

 

もっと言うと先生達がお伺いしているご家庭のお子さん達はもっと若い小学生、中学生です。

ですから研修でもどんなお子さん(好きな会話のテーマ、お子さんの性格)などを教えて指導がより円滑になるようにしています。

 

でも本当はそんな小難しい話ではないんです。

 

単純に自分がされてイヤだと思うことは他人にはしないということです。

 

自分の考えや意見ばかり押し付けてくる人って好きですか?嫌いですか??

そして後者の意見が多いと思いませんか??

 

それで前者の行動を取っているとしたらかなり問題ですよねw

 

スタッフにはよく言ってますが

 

「人間性を高める努力をしよう」

 

と常々言っていますが、人間関係、仕事のレベル、恋愛…

 

全て人間性の上に成立しているモノなんです。

 

こういうのは反面教師と考え、一人でも多くの方が

 

「これは気を付けよう」

 

と意識してくれる人が出てきてくれるのを願っています☆.。.:*・

 

 

 

この記事をシェアする

カテゴリー: ニュース

2017年4月26日 8:11 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です