ミノクルニュース!!~ゆとり完全脱却、高校生の学習時間が初の増加~


ゆとり教育、大学受験競争の緩和などで減少が続いていた高校生の学校外での学習時間がこの25年間で初めて増えていたことが、ベネッセ教育総合研究所が昨年行った小・中・高校生に関する「学習基本調査」で明らかとなった。

1990年から行われている同調査では、小・中生の学習時間も前回から増加に転じていたうえ、小学生が今回、過去最長を記録しており、子どもたちの学習時間の減少に完全に歯止めがかかる形となった。

また、今回の調査では、勉強することの効用について「将来の成功に役立つ」「いい大学を卒業すると幸せになれる」などと肯定的にとらえる回答が増えており、小・中・高生の学習、学力、社会に対する意識が変化してきていることが浮き彫りとなった。

同調査は公立校の小学5年生と中学2年生、高校2年生を対象に、1990年、1996年、2001年、2006年にわたって実施。

小・中校は東京23区、四国、東北の3地域、高校は九州を加えた4地域について、毎回ほぼ同じ学校の児童・生徒に対するアンケート調査を行っている。

第5回については、2011年に東日本大震災が発生したため、9年ぶりに昨年6月から7月にかけて行われた。

今回の調査では、「脱・ゆとり教育」の流れの中で、2020年度の学習指導要領改定と大学入試改革に向けて、子どもたちが議論を通じて答えを探求する「アクティブ・ラーニング」型授業への取り組みが進む現状をにらんで、「小・中・高生が主体的に学ぶようになったのか」「勉強の効用などについての意識がどう変化したのか」などに着目。

有効回答数は小学5年生が2601人(33校)、中学2年生が2699人(20校)、高校2年生が4426人(18校)だった。

(引用元:http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/special/CO021190/20160129-OYT8T50060.html/YOMIURI ONLINE)

この記事を見た時に本当に嬉しく思いました☆.。.:*・

なぜかというとなんの記事か忘れましたが

「成功するために必要な事は??」

という質問に対して、成功している人は「努力」と答えるパーセンテージが多いのです。

子供でいう勉強がまさにこれにあたります。

↓↓

勿論大人でも勉強ってしないといけないモノなんですがwww

算数では計算能力

数学では理解、論理能力

社会では暗記能力

など科目によって鍛える頭の場所が違います。

勿論それを知らずにひたすら勉強をすれば勝手に鍛えられている事になるのですがwww

脳も筋肉と一緒で使えば使うだけ、鍛えれば鍛えるだけ成長していきます。

でも使えば疲れますし、思っているようにはいかない事も多いと思います。

↓↓

俗に言う天才って言われる人種はそれが意識しなくても勝手に出来てしまう人の事なんだと思います。

僕は才能というモノが存在しているのを小学生の時に知りました。

そして自分には才能がないというのを中学生の時に知りました。

という事は自分は人の2倍、3倍努力して当然なんだと思いました。

人が遊んでいる時、人が休んでいる時、人がテレビを見ている時……

常に努力する事を意識しました。

でも努力って必ず報われるという保証がないから難しいんですよね。

厳密にいうと努力の量、やり方が足りないから報われてないだけの話なんですが

そこまで徹底的に努力しようと中々思えないんですよね。

ですが努力する事=勉強する事が将来のために必ず役に立つとわかっていれば

毎日コツコツやっていけばいいだけの話なんですよね!

若い子達には負けずに僕も頑張っていかないといけないですね(^-^)/

この記事をシェアする

カテゴリー: ニュース

2017年4月15日 2:58 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です