ミノクルニュース!!~学生に「お前は病気だ」 名大准教授をアカハラで処分~


 

名古屋大学(名古屋市)は24日、指導していた学生らに対して不適切な言動を繰り返したとして、未来材料・システム研究所の40代の男性准教授を減給の懲戒処分にし、発表した。処分内容は、平均日給の2分の1を5月分の給与から引くというもの。24日付。

大学によると、准教授は2014年秋~15年12月、指導していた5人の男子学生・院生に対し、研究の進捗(しんちょく)状況報告会で「お前は病気だ」「大学を辞めろ」と発言したり、必要な資料を用意できなかった際に「けんかを売っているのか」と怒鳴ったりしたという。

16年3月に学生らが大学のハラスメント防止対策委員会に申し立て、委員会が「アカデミックハラスメント」に当たると認定した。准教授もこうした言動があったと認めているという。

(引用元:朝日新聞/http://www.asahi.com/articles/ASK4S5HT1K4SOIPE01W.html)

 

ハラスメント行為でもアカデミック・ハラスメントというのは聞き馴染みがない人のためにご説明すると

研究教育に関わる優位な力関係のもとで行われる理不尽な行為 とされています。

教員の場合では、上司にあたる講座教授からの研究妨害、昇任差別、退職勧奨。

院生の場合では、指導教員からの退学・留年勧奨、指導拒否、学位不認定などがあります。

 

大きくハラスメント行為をいうのは単純に謙虚さ欠損と、傲慢さから派生しているモノです。

 

単純に自分に対して向上心が常に意識出来ていればこんな事は発生しないのです。

この傲慢さというのは別名驕りとも表現します。

つまりは自分を客観的に判断出来ていない証なのです。

 

基本的に人間というのは自分を否定されたくないので

自己評価を高めに設定して、他人の評価を低めに設定する傾向があります。

しかし自己評価はかなり低めに設定したほうが絶対的にいいのです。

理由はそのほうが向上しますし、第三者から見てもそのほうがカッコイイからですww

 

特に人間関係でこじれてしまう原因はこの判断材料のギャップが他にありません。

この場合准教授と院生という関係ですが、准教授だからと言って何を言っても言い訳ではありません。

ですがハッキリ言わないといけない事は言わないといけない。

ですが言い回しは色々考えられますよね。

 

そして悲しいですが、いつの時代もこういう事はハッキリ言って繰り返されるので

こういうニュースを見て1人でも多くの人が反面教師として意識してくれるのを願っています。

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年5月3日 12:29 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です