ミノクルニュース!!~教諭「休憩1、2分程度」 文科省実態調査 若手増えベテランにしわ寄せも~


 

「休憩は1、2分程度」「何でも屋」-。

 

文部科学省が28日に公表した平成28年度の教員勤務実態調査結果は、かねて指摘されていた教員の過重労働を改めて示した。

さらに、校務や部活動での立場などによっては、時間では計れない労働の「密度の濃さ」ものしかかるという。

現場からは複数配置など負担軽減を求める声も聞こえる。

 

 「1日に学校内で休めるのは1、2分程度が5、6回」

 

こう話すのは愛知県の公立中に勤める40代の男性教諭。

 

ある月の勤務記録では出勤は午前5、6時台、退勤は午後10時以降が目立つ。

 

不登校の生徒の家庭訪問のほか、教育委員会の調査やスクールカウンセラーら専門スタッフとの調整といった校務が多い。

運動部の顧問も務め、放課後も遅い時は午後6時半まで練習、土日も練習や大会がある。

 

「子供にとって良いと思うからこそ、仕事は増えても減ることはない」と話すものの

「ただ、人を増やしてもらえれば、校務に費やす時間は減るはずだ」。

 

今回の調査では、小中とも副校長・教頭の勤務時間が約63時間超で最も長く

10年前の前回調査に比べ小学校は4時間以上、中学校でも2時間以上の増加となった。

 

校長を補佐して実務上、学校運営を取り仕切るが、長時間勤務は以前から問題視され、病気や多忙化などを理由に、教諭への降任を希望するケースも相次いでいる。

 

副校長・教頭の仕事は、教育委員会などから依頼される調査報告書の作成やアンケートへの回答のほか、PTAとの折衝、体調不良や家庭の都合などで休む教諭のフォロー、各種の会計業務など多岐にわたる。

 

「もともと業務範囲が曖昧で、仕事も際限なくある。まさに『何でも屋』だ」と埼玉県の中学教頭OBは自嘲気味に話す。

 

10年前より勤務時間が増えた理由について、文科省は今後分析を進めるが、茨城県で中学教頭を務めた男性は「最近は団塊の世代の大量退職に伴って若手教員の比率が増えており、授業経験が豊富な副校長や教頭がサポートに入る傾向があるようだ」と指摘する。

 

管理職の間からは複数配置を求める声が出ており、小池百合子都知事も今年3月、都内の小中学校で管理職にあたる副校長について、負担軽減を図る補佐役ポストを新設する考えを示している。

(引用元:産経ニュース/http://www.sankei.com/life/news/170428/lif1704280061-n1.html)

 



 

これは教育だけではなく、大きくみて教育に関わる仕事で同じような現象が起きていると思います。

例えば保育士さん。

 

労働や拘束時間の割に賃金が安いのを知って働きたいと思う人はそういません。

むしろ就職率はドンドン下がっていくと思います。

 

ですからまず単純に賃金を上げてあげる事が最優先だと思います。

「これだけの給料もらっているんだからこれだけは働かないと」

と思ってくれればまだ割り切れます。

 

ですが賃金も低くて、労働時間も長いとなるとモチベーションが下がっていきます。

 

ですがこういう問題で浮上してこない職業もあります。

例えばテレビのADさんとか。

 

労働時間も長い&下手すると泊まる事もあるんです。

しかしその事がニュースで上がったのを見た事がありません。

 

ちなみにこれはブラック企業の問題とは少し観点が違います。

ブラック企業=過重労働というイメージがあると思いますが、その本質としてなぜ過重労働が発生しているのかが問題なのです。

 

これは主観になりますが、本来会社って会社が売上、純利益を立てることが大きなテーマ、目的になります。

その手段で商品開発、広告、営業、販売などをするのですが

ブラック企業の最大の特徴として、人件費を抑えることによって利益を確保しようとするのが問題なのです。

 

人件費や無駄な経費を抑えるというのは大事ですが、それは経費削減という意味であって、売上、純利益を残すという目的では決してないのです。

 

ですから頑張ってもらっている先生達は労働時間が長いというのは現状仕方がない事なので

 

・賃金を上げる

・人員を補充する

・人員の配置を変える

 

などの施策をしないと中々現状は変わっていかないと思います。

 

でもこういう時の救世主ってアニメのヒーローみたいに凄いモチベーションを備えた人です。

 

さらにいうとそんな特大なモチベーションがなくても、現場の人もそう思っている人もいると思うので

そういう方々が団結して何か施策をするという事も大切だと思います。

 

 

この記事をシェアする

カテゴリー: ニュース

2017年5月8日 4:00 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です