名古屋市北区のご家庭からのご質問!!~なぜうちの子は漢字の覚えが悪いの??~


お世話になります(^-^)/

家庭教師アルバイト「ミノクル」です☆.。.:*・

3月に入ってそろそろ春がやってくると思いきや、急に寒くなったりしますねw

温度変化が起きると体調が崩れやすくなるので、風邪には気をつけて下さいね☆.。.:*・

 

家庭教師をしていると親御さんから色々な相談を受けてます。

「うちの子はなんでこんなにやる気ないのかな~~??」

「やる気あると思うけど勉強のやり方わかってないのよね。。。」

「言えば勉強するけどいつもその場限りになっちゃうんですよね……」

勿論お子さんも十人十色で性格によって、環境によって親御さんの悩みも違ってきます。

 

僕達は家庭教師なので基本的には勉強に関わってくる悩みですが、逆にそういう悩みを解決するために家庭教師というのが存在していますからね(≧∇≦)

 

そこで今回は名古屋市北区のご家庭からのご相談された一つに

 

【なぜうちの子は漢字の覚えが悪いの??】

 

についてお話していきたいと思います(^-^)/

 

国語が苦手なお子さんの特徴の一つに

「漢字が読めるけど、書けない」

というのをよく聞きます。

 

これを一言で「漢字の覚えが悪い」と認識している方も多いのではないでしょうか??

しかしよく考えてみて下さい。

 

記憶するという時には繰り返し、反復が必要です。

・1回覚えても、翌日には忘れてしまいます。

・2回覚えても、数日か覚えていません。

・3回覚えれば、記憶出来る土台が出来ます。

 

つまり繰り返して、反復して覚えない限り記憶する事が難しいという事になります。

 

要領や覚えがいいなどの個人差があると思いますが

1回で覚えられる人は中々いないと思います。

 

つまり宿題で漢字の読み書きが出たとして、それを1回しかしていないor宿題を疎かにしてしまえば

テストで出来なくて当然です。。。

授業、宿題で2回繰り返した事にはなりますが、それだけで記憶させるというのは難しいのです。

という事はお家での勉強量を増やすしかありません。

 

漢字を覚えられる人は、実はそれだけ繰り返し読み書き、もしくは漢字に触れ合っているという事なんです。

 

更に教科書が読むのが苦手なお子さんは漢字が苦手な傾向があります。

 

漢字を覚えられる流れとしては

①文章が読める

②書いてある内容、意味が理解出来る

 

この2つが出来て始めて成り立ちます。

 

なので「教科書を声を出してよむ」「読書をする」という事が大事になってくるんですね☆.。.:*・

 

お子さんの中で

「この言葉は、漢字で書くとこういう風になるのか~~~」
の元となる語彙力を増やしていけば、漢字が今よりもサクサク覚えられるようになるでしょう。

 

やはり一番の最速の方法はやっぱり読書する事ですね☆.。.:*・

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年3月8日 2:03 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です