名古屋市緑区のご家庭へ家庭教師へ!!~社会は暗記が大事ですが、暗記の仕方がより重要です~


お世話になります(^-^)/

家庭教師アルバイト「ミノクル」です☆.。.:*・

 

2件目の名古屋市緑区のご家庭に家庭教師へ行ってきました!!

家庭教師へ行く際は車でお伺いしているのですが、様々なご家庭に行かせてもらうと地理に詳しくなりますねww

 

こちらのお子さんは社会がとても苦手で、つまりは暗記する事に抵抗があるみたいです。

 

特に社会は5教科のなかで最も暗記力が点数に関わってきます。

数学、理科のように難しい計算を解く必要はありませんし

英語、国語のように表現力、記述力も必要はありません。

 

社会は効率の良い暗記方法を知っているかどうかという点だけでテストでを+20点勝ち取ることが可能です。

 

 

今回は社会の苦手なお子さん達のために社会を勉強する上で効率のよい暗記方法をご紹介します。

 

人間が記憶するためには

脳に対して必要な情報だということを

認識させなければなりません。

 

そのためには、情報の重要度を向上させることが必要になります。

 

この重要性を認識させるためには本人がいくら重要だと思ったとしても

脳が記憶してくれるとは限りません。

 

社会の知識を身につけるために必要な事は

①記憶の優先度を向上させるため

②何度も同じ情報をインプット

③脳に知識が重要だということを認識させる

 

 

そのために効率の良い暗記方法は

出来るだけ多くの復習を行うということになります。

 

その為には、出来る限り薄い問題集を最初に何度も復習します。

薄い問題集で全体の流れを掴み取ることが重要なのです。

 

脳に取って知識の重要度を上げるには

復習の回数だけではなく

社会の知識を「物語」で理解している必要があるのです。

 

 

歴史上の重要な年号や事件を丸暗記したところで

その前後の繋がり(=物語)が理解出来ていなければ

その知識はテスト本番で活かす事が出来ません。

 

 

近年は社会の問題も一問一答形式でなく記述形式の問題も出題されます。

 

「なぜそれが起きたのか説明しなさい」

「なぜこの地域では○○栽培が盛んなのか理由を答えなさい」

 

など、記述形式で答えさせる問題が増えていますので

用語を覚えているだけでは点数は上がってはいきません。

 

 

全体の大まかに流れを掴んだ後

細かい用語やそれぞれの関係性を確認しながら

知識を定着していくことを強くオススメします!

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年3月12日 8:13 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です