家庭教師アルバイト「ミノクル」~中国から見る「日本式の教育」とは??~


お世話になります☆.。.:*・

家庭教師アルバイト「ミノクル」です(^-^)/

 

今日は中国から見た日本式の教育とは?!についてお話したいと思います!

 

題名だけ見たら、なんだ…?となるかもしれませんが、いいことが書いてあるので(笑)

 

この見出しを見つけたのは、ニュースを見ていた時に見つけたものです!

 

記事の内容はこのようなことが書いてありました。

 

中国メディアは日本の教育は中国の教育とは大きく異なると伝える記事を記載し、日本は「教育を通じて子供たちが社会や自然に接する機会を増やし、現実的な問題の解決を重視した教育」を行っていると伝え、日本式の教育は恐ろしいと伝えているそうです。

 

このことは、大きな自然災害が発生しても日本人が冷静に行動できる、サッカー大会などで大きな会場に多くの人が集まった後も会場にゴミ1つ落ちていない状態を保つことができることに繋がっていると考えられています。

 

では、中国にとって何が恐ろしい事なのでしょうか。

 

「日本人が子供のころから社会のモラルを教えられている」という事に大きな関係があり、その内容としては「日本の学校では冬も薄着でマラソンをする授業がある」ことでこの教育を通じて体を鍛えさせ苦労させることによって忍耐力を養っているのだと論じているそうです。

 

他にも中国と根本的に違うのは運動会で「子供たちで競うのではなく、みんなで協力する」ことで、日本人は世界で最も「団結力のある民族」であるとし、「教育を通じて団結の精神を教えている日本式の教育は恐ろしく、やはり日本は軽視できない国である」と論じているそうです。

 

 

このような記事を見て私は、恐ろしいと言う前に日本の教育を見習うのが先なのではないかなと感じました。また、大勢の人が集まった時にゴミが残らないというのは本当に素晴らしいことで、見本になるので、小さいころからそういうことを教えてあげるのがいいと思います!!

 

 

では、また次回もよろしくお願いします!!

 

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年4月30日 4:33 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です