家庭教師アルバイトミノクル~数学は問題を解くだけでは伸びない!!~


お世話になります(^-^)/

家庭教師アルバイト「ミノクル」です☆.。.:*・

 

今日は数学をどうしたら伸ばせるかについて話したいと思います!

 

 

私たちが小中学生のころ、問題ばっかりとかされていました。でも、あるサイトに書いてあったのが、「数学は問題を解くだけでは学力は伸びない!」でした。

 

んんん??私たちはたくさん問題とかされた記憶が…

 

書いてあったのは

 

①問題を解く前に解説と例題を見る

②問題を解いた後に教訓を引き出す

 

でした。

 

ま~これだけ言われてもなんだ!?ってなりますよね(笑

)書いている私もなります(笑)では、細かく説明していきます!

 

 

・問題を解く前に解説と例題を見る

一つは「数学用語の意味」が分かっていないと何をしていいか分からないですよね。

なので、意味を知ることが重要です。

二つ目は「定理と公式」を理解することです。

なぜかというと、公式は覚えておけば便利ですが、なぜそうなったか、どうやって導いたかをわからないと意味がないかです。

最後に解説部分の次に「例題とその解法」が出ているはずです。それをやることでさらに力が伸びていきます!!

 

 

・問題を解いた後に教訓を引き出す

まずは、「一般的な解法を介する」ことです。

学習する前に一般的に表現された解法ルールを介すると

正解した問題とその解法をすべて丸暗記するという事を避けることができます!

次に「問題を解くごとに経験を積むこと」です。

なぜ自分はうまく解けなかったのか、この問題を解くことによって何が分かったのかという教訓を問題から引き出せます!

 

 

このように失敗を教訓として生かそうとする生徒と

解きっぱなしにしてしまう生徒では、同じだけの問題数を解いても実力が大きく違ってきます!!

強制的やらせるのだけでなく、一緒にフォローしてあげましょ!

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年4月21日 8:45 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です