家庭教師アルバイト奮闘記!!~中学、高校の時実践していた勉強方法~


 

どうも!!こんにちわ☆.。.:*・

 

前回のブログでは受験期直前の過ごし方をテーマとして書いていきましたが

今回は自分が実際に中学生や高校生の時に行っていた勉強法を紹介したいと思います。

 

 

中学のころはかなり昔の事なので鮮明には覚えていないのですが

中学のころはやり方など工夫する事なく塾のテキストを無我夢中で解いていただけだったと思います。

 

この事も含めいろいろな要因が重なって、目指していた公立高校には合格することができませんでした。

 

高校ではこの悔しさをバネにがんばろうと心に誓って一から自分の勉強方法を見直すことにしました。

 

中学のころは塾でもらったテキストを一通り一周したら終わりという風に使用していたのですが、一周では理解できていない点も多々あると気付き、高校に入ってからは授業で使う問題集を何周も解くように心がけていました。これは単に学校からもらうテキストだけではなく、大学受験用に購入した参考書などでも行っていました。この方法を実践した所

 

また、学年が上がるころに気が付いたのですが、ただ単に勉強時間が長いだけでは無意味であり、効率よく短い時間で勉強した方が成績が伸びていたのです。

 

加えて、中学生のころはわからない所を塾の先生に解説してもらい、その場でgは分かった気になって後から復習することもなかったのですが

高校に入ってからは理解出来ない点を具体的に自分で分析してから先生に質問するように心がけることに加えて、

教えてもらった後にすぐに自分で問題に再挑戦し、また一週間ぐらい間隔をあけて再び挑戦するという風にしていました。

 

このようにして地道に努力を続けていって、第一志望の大学に無事に合格することができました。

 

今日はここら辺にしときます(笑)。

 

また続きを書こうと思うのでまたよろしくお願いします。

 

では、また次回

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年4月4日 6:22 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です