愛知県東海市のご家庭へ家庭教師へ!!~算数の図形の問題を解いていきます(^-^)/~


お世話になります(^-^)/

家庭教師アルバイト「ミノクル」です☆.。.:*・

 

今日は愛知県東海市のご家庭まで家庭教師へ行ってきます(≧∇≦)

 

お子さんは小学5年生になる男の子で算数をメインに指導させて頂いております!

算数が苦手でメインに指導しているのですが、算数が苦手というよりも図形の問題が苦手なお子さんなんですよねww

 

ですからこちらのお子さんは計算や文章問題は特に問題なくこなしてくれているのですが

図形の問題になった途端に頭の中が?マークで埋め尽くされてしまいますw

 

これは本当に稀なパターンなんですが、算数が苦手なお子さんは長文読解が出来ないお子さんが多いのですが

このような逆のパターンはとても珍しいんですよね爆爆

 

でも誰にでも得意不得意があるのでw

 

ご両親から見ると「計算問題とか出来るのになんで図形だけ出来ないんだろう??( ̄▽ ̄;)」

と困惑している様子でした。。。

 

ですが図形が苦手なお子さんは当然他の生徒さんでもいます。

 

算数の単元でも得意、苦手が出るのは科学的に言うと脳の使い方なんですよね。

言われてみたら当然ですが、計算する時の頭の使い方、計算問題を解く時の頭の使い方、図形を解く時の頭の使い方では異なってきます。

 

更に言うとこれは本当にあくまで問題の解いた量によって使える、使えないが分かれてきます。

 

 

頭が硬いと体が硬いという表現で共通しているのは

その部分を稼働させているのか、いないのかの違いでしかないんです!

 

開脚で足が広げられる人は腰周りの筋肉を稼働させている証拠なんです。

これを頭でいうと頭が柔らかくなる=頭を使えば勝手に上がっていきます。

 

計算が出来ない、記憶が出来ない、早く問題を解く事が出来ない…

 

勉強の向上が上手くいかないのはあくまで頭がしっかり使えていないだけなのです。

 

筋トレしても急にマッチョにはならないのと一緒で

頭を使ってもすぐに使えるようにはならないのです(^-^)/

 

ですからこちらのお子さんはまずは問題を一緒に解いてあげて

まずは「図形の問題を解く時はこうやって解く」という習慣をつける事から始めています!

 

そもそも計算とかはしっかり出来る子なので

図形を克服するのは時間の問題だと思いますがwww

 

 

今日も頑張っていきましょう☆.。.:*・

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年5月10日 3:58 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です