愛知県豊明市のご家庭まで家庭教師へ!!~子供の「勉強意欲」を奪わないようにするには?!?~


お世話になります(^-^)/

家庭教師アルバイト「ミノクル」です☆.。.:*・

 

一週間前に愛知県豊明市のご家庭まで家庭教師へ伺わせて頂いたのですが

その時にお母さん、お父さんと教育に関わるお話をする時間がありまして

帰宅してからそれに伴った内容を調べていたらたまたま見たサイトについて紹介します☆.。.:*・

 

タイトルは【勉強嫌いはママのせい?!子供の4「学習意欲」を奪う親のNG行動3つ】ですごく興味深かったので、紹介したいと思いました!

 

ここで誤解してほしくないのが、「勉強意欲」を奪っているのが必ずしも親のせいであると言っているわけではないからでからね笑。

 

ただ、ちょっと行動変えるだけで子供がやる気を出して頑張って勉強してくれたら嬉しいですよね!!

 

では、本題に入っていきます!

 

[勉強を神聖化する]

勉強を特別視するから嫌いになってしまうのです。

なので勉強=日常という図式を植え付ければ肩の力を抜いて勉強するようになります。

そして受験の年頃になれば自分の意志で自室で集中するようになるので大丈夫です!

 

[勝手に学習計画を立てる]

「今日はここまで」など親の方で勝手に計画を立ててしまっていませんか?

小学生の頃は「何を勉強したいのか」「なんの教科が好きなのか」が大切です。

1つの教科で自信をつけたほうがほかの教科に対してもやる気湧きますよね!

 

[飽きっぽさを否定する]

飽きた教科を永遠と無理矢理やらされた記憶はそのまま勉強嫌いの原因になるので

「最後まで集中して」を押し付けるはあまりよくないです。

 

[ゆっくりじっくり長時間勉強させようとする]

長時間の学習、延々とした復習もまた子供を勉強嫌いにさせてしまう原因の一つです。

なので「スピーディーに、短時間集中型」で行うのが効果的です。

なので延々と復習するよりも「短時間で予習して、終了。」家庭で予習、授業で復習という形の方が、お子さんが意外に勉強好きになったりします。

 

[勉強しなさいと命令する]

「勉強しなさい」という命令はナンセンスです。

そうではなく、自分から勉強する子になるようにこの言葉だけはかけない方がいいですね~。

子供は親を見て育つのでそれを忘れないで下さいね☆.。.:*・

 

[遊んであげない、人任せにする]

遊びにしても学習にしても人任せにしすぎると子供の学習意欲に影響します。

子供と接する時間の濃さが大切です。

 

いかがでしたか?一つでも減らせるように一緒に頑張りましょう!!

ではまた投稿するのでみてください!

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年3月29日 1:56 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です