国語、算数、数学今すぐ出来る勉強方法(^-^)/~シンプルに考える事が大事です!~


家庭教師アルバイト「ミノクル」です☆.。.:*・

こんにちはヽ(*´∀`)ノ

5月も後半に入り熱くなってきましたね(^_^;)

日中は半袖でも暑いのに、夜はTシャツだと肌寒いなんとも悩ましい季節です(笑)

 

学生は新学年・新校舎にも慣れてきて緊張もほぐれた頃ですかね(´∀`)

友達100人できました?(笑)

 

そんなやっと楽しくなってきた時期に現れるのが【テスト】ですよね。。。。

「このタイミングでテストって先生鬼か!」なんてことを、自分の学生時代の頃も思っていたなぁ~(笑)

 

今日は、友達付き合い・部活・勉強など色んな事にあたふたしている小中学生に勉強のコツをまとめたので

これを参考にテスト乗り切ってくださいな(^O^)

 

【国語】

「国語ってどう勉強していいかわからない。。。」って思った事ない?(笑)

自分が見ている生徒さんもそうだったけど、ほぼすべての子が思ったことがあることじゃないかな??

そんな国語の、特に文章問題の解き方のコツは実はすごくシンプル!

 

代名詞(それ・あれ・これetc…)で言い換えられた言葉を探す。

 

なんとこれだけ!!

もちろん【作者の気持ち】とか【背景】とか【主題の捉え方】とか、他にも大事にしないといけない事は沢山あるけど

文章の代名詞を言い換えられた言葉に書き変えて再度読むと、ものすごく読みやすくなるから一回やってみて(^O^)

 

「でも、言い換えられた言葉ってどう探せばいいの??」って思ったそこの君!探し方も実にシンプル!それは、

代名詞が出てくる前文をみる。

これだけ(笑)8割は前文に書いてある!!(←ここ重要ですよ!)

更にしぼると、前文の主語や目的語に注目するとすぐ見つかるよ(^O^)

なぜかと言うと、代名詞は「言葉の言い換え」だから、一度出てきた言葉にしか使えないってルールがあるんだ!

 

まとめると、

  • 代名詞で言い換えられた言葉を探す。
  • 言い換えられた言葉は前文の主語や目的語になっている。

 

国語の文章問題がわからないって子は、この二つに注目して勉強すれば点数アップ間違いなしヽ(´▽`)/

 

【算数・数学】

日本の小中学生で算数・数学を苦手だと思っている子はなんと7割以上もいると言われているんだΣ(゚д゚lll)(文部科学省が出したH28年度の統計上)

だからなのか、今の小中学生は自分が見てきた生徒を含め、算数・数学って聞いた瞬間に「難しい」って感じる子がすごく多いんだ(~ω~;)))

 

でも、実はすごくシンプルなんだよ!!

 

なぜかって??それは、数式とか公式って難しい名前が多いけど、あれかっこよく言っているだけだと思うのよね(笑)

こんな事言ったら数学者に怒られちゃうかもだけど(笑)

 

例えば、

「最大公約数や最小公倍数」がわからないと思っている小学生は多いんじゃないかな?

でも、これ言い換えると「1つの数を掛算や割算を使って2つ以上の数で表しす。

これを違う2つの数でやり、両方の式に出てくる数字は何?」ってことなんだ!!

 

他にも「方程式」も同じように言い換えると「この式を完成するためにはxにどんな数を入れればいいですか?」って事だし、

「ルールに従って引かれている線は、式で表すことができる」っていうのが「比例・関数」のことなんだよね(・∀・)

ここで問題です(笑)

「絶対値」ってなんのこと??

 

 

答えは「距離を表す数字」のこと!

だから、絶対値は絶対にマイナスにはならないんだ(・◇・)

こんなふうに言葉に惑わされなくなれば、少しは簡単に感じないかな??(笑)

 

 

算数・数学が嫌いだなって思っている子は、まずはその言葉を簡単に言うとどうなるのかを考えるのがポイントかな(^O^)

 

今日は国語と算数・数学だけだけど、また理科や社会、英語のコツも書いていくので楽しみにしていてください♫

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年5月19日 3:24 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です