愛知県豊明市のご家庭へ家庭教師へ!!~お子さんがプチ反抗期ですwww~


お世話になります(^-^)/

家庭教師アルバイト「ミノクル」です☆.。.:*・

 

今日は愛知県豊明市のご家庭へ家庭教師へ行ってきます!!

 

こちらのお子さんは小学5年生の男の子でプチ反抗期ですwwww

 

小学校高学年になるとどうしても乗り越えないといけない時期ですよね爆爆

今大人になって我が身で考えるとその時の複雑な気持ちが分かります。。

ですが全員その年齢を経験した事があるので気持ちが分からない事はないはずなんです。

 

しかし頭ごなしに言うだけで伝えては同じ事の繰り返しになってしまうので

気持ちを理解しようという意識から全ては始まります。

 

思春期お持ちの親御さんには接する時に意識している事があります。

 

〇子供扱いしない

これは言い換えれば1人の大人=人間としてしっかり見て上げるという事です!

お子さんとの接し方で悩んでいる親御さんにもお子さんの事を大人として接してみて下さいとお伝えしています。

僕もお子さんを子供扱いで接することはありません。

 

〇同性の親御さんの存在の大きさ

10歳以降は、「同性の親」の役割が大切です。

同性の親御さんが先駆けとして、人生や恋や結婚や仕事や勉強などについて本音を語るようにする。

異性の親は、基本、距離をとられてしまうと思って下さい

 

〇自分の体験、経験を話す

お子さんが何かで悩んだ時は

「こうすべき」、「こうするべき」というアドバイスよりも、親自身の体験、失敗談、経験が心に響く。

伝え方としてはその時にどんな感情を抱いていたのか??という事を伝えてあげればより臨場感があります。

 

 

〇上から目線は不要

親の想いは伝えていいのですが

伝え方として上から目線のである

「こうしなさい」「〇〇しなさい」などのアドバイスは不要です。

 

〇なるべく自力で解決させる

子どもが元気がない時、何かで悩んでいそうな時に口出ししないのは心が辛いと思いますが

一人の子を見守る仲間、一員として話し合う気持ちで接してみて下さい。

 

〇小さな達成体験をたくさん積ませる

言い換えれば小さな成功体験です。

自分で何かが出来たというのが重要です。

自信ってこの成功体験の積み重ねであり、努力の積み重ねでしか形成されないのでクラブ、部活、課外活動でもなるべく1人で何か達成できそうな事をドンドン積み重ねて上げて下さい(^-^)/

 

〇友達を親が選択しない

これは僕自身の経験談なのですが、当時親友がいました。

その子は僕とは違って成績がかなり優秀で人間性も備わっていたのでクラスで人気者でした。

しかしその子は頭も悪くて、パッとしない僕と友達でいてくれたのです。。

当然親同士も距離が近かったので親から親友の家庭環境についても色々聞かされていました…

「〇〇君の家って勉強に対して実は色々言われているし、結構厳しいお家なんだよww」

その時に本当に思ったのは

親友に対してなんか申し訳ない気持ちになりましたし、実は親友の家族の方々は僕の事を邪魔だと思っているのではないか??と思ったのです。

ドラマ、漫画でもために見る光景ですが

「あんな友達と付き合うんじゃありません」

みたいな。

 

しかしそれは本来親が口出しするモノではないと思っています。

お子さんのためにもそれは人間関係を勉強する場として必須なんです。

 

 

いかがだったでしょうか??

 

家庭教師をしていると勉強以外にも人間関係を勉強しないと当然いけません。

 

・成績上げる

・やる気出す

・勉強習慣つける

 

というのは仕事の目的ですが、その目的を達成する手段としてこういうお子さんとの接し方、伝え方というのはとても重要です。

 

親御さんは僕達よりもお子さんと長く一緒にいますし

これからもお子さんと一緒にいる訳ですから少しでも意識してくれたらと思います。

 

こう考えると難しいと思うかも知れませんが

これも小さな達成感と成功体験なので自分が出来る事から始めてみて下さいね☆.。.:*・

 

 

これは学生さんでもお友達、恋人、家族でもなんでも当てはめることですがwwwww

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年5月30日 3:42 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です