英語が苦手になりやすい時期!!~中学生の時期に存在しています( ̄▽ ̄;)~


 

お世話になります!

家庭教師アルバイト「ミノクル」です(^-^)/

 

 

今日は英語が苦手になりやすい時期について紹介していきます。

 

みなさんは英語が苦手になる時期があることをご存知でしたか?

実は最近まで私は知りませんでした( ̄▽ ̄;)

 

 

その時期というのが

〇中1前半~中2後半

〇Be動詞と一般動詞の使い方がわからない

 

中1の最初はアルファベットの後に徹底的にbe動詞を学びます。

Be動詞を学んで何度も反復するためか、be動詞の文章が定着しすぎてしまい

何でもかんでもbe動詞を入れてしまいます。

 

この影響で一般動詞との使い分けがわからなくなってしまい、つまずいてしまいます。

 

〇英語を書けない

小学校では話すことを中心に勉強し書くことがほとんどありません。しかし、試験では書くことが求められます。中学校高校の英語は書くことがメインなので高得点を取るには英語を書く練習をしっかりすることが大事です。

 

〇高1前半

この時期は中学校で英語が得意だった人が大量に脱落していく時期でもあります。

中学校は本文丸暗記ができればある程度の点が見込めます。

それに比べて高校では1文1文が長く複雑になるため、丸暗記と感覚では点数は取れます。

 

中1も高1も今までと違った学習内容に戸惑ってしまったり、これまでの勉強方法がっ通用しなくなってしまうため、苦手になってしまいます。

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年6月1日 2:49 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です