夏休みにやると良い勉強法!!~小学生&中学1年生編~


お世話になります(^-^)/

 

とても暑い日が続いているので、学生の皆さんは体調を崩さないように気をつけてください。

さて学生の皆さんはもうすぐで待ちに待った夏休みですね!

受験生にとっては山場ですね。頑張っていきましょう。

そこで、今日はちょっと早いですが夏休みの勉強法を紹介していきたいと思います。

 

 

まずは、小学校の時の夏休みにやると良い勉強法を紹介したいと思います。

 

それほどガッツリはやっていなかったですね。(笑)

学校の宿題と塾の課題を少々やっていただけです。

 

こんな私が紹介するのは毎日ではなくてもいいのですが、自分の身の回りに起きた出来事について家族などに見せることを前提に150~300字の日記や絵日記を書く事です。

家族に見せる程度なのでそれほどかしこまった内容でなくても大丈夫です。

 

これをやることによって読解力や記述力の基礎の作成に役立ちます。

これをすることにより、のちのちの高校受験や大学受験に必ず役立ってくると思います。

 

これに加えて、苦手としている分野の基礎問題や練習問題を毎日やるのがいいと思います。

二学期に向けての準備を完璧にして二学期に臨みましょう!

 

次に中学生の夏休みの勉強法を紹介したいと思います。

中学生の時は比較的頑張って勉強していた記憶があります。(笑)

 

まずは中学一年生では、主要五教科をまんべんなく勉強することをおすすめします。

中学の最初の時期に苦手だという意識を持ってしまうと後々苦労するからです。

使用する教材は市販のものを使ってもいいのですが、学校で使っている教材を使うことにより復習にもなり効率がいいと思います。

 

また、勉強をする時間も意識してください。

やり始める時間を学校の授業が始まる時間帯に合わせるようにしてください。

そのように勉強を習慣づけておくと学校が始まっても良いスタートを切れると思います。

 

中途半端になってしまいますが、今日はここまでとしておきます。

また次回中学二年生、中学三年生、高校生と続きを書いていきたいと思ってるので是非見に来てください。

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年6月20日 3:01 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です