夏休みにやると良い勉強法!!~高3年生編~


 

最近は時間があるので頑張ってブログを更新できています。(笑)

 

さて、前回のブログでは小学生・中学生・高校生(一年と二年)の夏休みの勉強法について書いてきました。

 

前回までの記事はコチラからご覧下さい(≧∇≦)

夏休みにやると良い勉強法!!~小学生&中学1年生編~

夏休みにやると良い勉強法!!~中学2年生&中学3年生編~

夏休みにやると良い勉強法!!~高1年生&高2年生編~

 

今回は一番重要であるといっても過言ではない高校三年生の夏休みの勉強法について紹介していきたいと思います。

 

三年生は夏休みになると部活動も引退になり、部活のせいで勉強できないといういいわけが使えなくなります。(笑)

 

まずは生活習慣から紹介していきたいと思います。

これに関しては言うまでもなく、朝は決まった時間に起床し、勉強を始められるようにして欲しいです。

また、夜ふかしなどはせず学校がある日の寝る時間までには寝ましょう。

 

次に勉強面について紹介したいと思います。

夏休みは時間があるようで時間があまりないです。

効率よく勉強していかなければすぐに夏休みは終わってしまいます。

なので、私は勉強計画を立てるようにしていました。

きっちりと計画を立てるのではなく、大体今日は何をやろうかということを書いていました。

 

主要五科目を中心にやっていくのは当たり前なのですが、主に(英・国・数):(社・理)=4:6ぐらいの割合で即効性のある理科と社会に少しばかり重点をおいて勉強するのはアリだと思います。

 

また、夏休みは高校一年生と高校二年生の復習に重点をおいてやってもらいたいです。

一年生と二年生の範囲の復習は膨大な量です。

この夏休みにやらなければ苦手な範囲があってもそのままほったらかしで受験へと向かってしまうことになります。

 

応用問題も少しは解いてもらいたいですが、夏はしっかりと足元を固める作業をやることをおすすめします。

足元がしっかりと固まっていないまま試験になってしまうとなにもできずに終わってしまうことがあるからです。

 

また、過去問やセンターの過去問を解くときは時間を必ず意識してください。

今日はここまでとします。

 

また次回更新しようと思うので見に来てください。

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年6月20日 3:31 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です