家庭教師が教える成績がのびる教え方☆.。.:*・


お世話になります(^-^)/

 

いつもブログ読んでいる方、ありがとうございます!

初見の方は初めまして!(^^)www

 

 

今日は生徒の成績が延びる教え方のポイントを紹介していきます!

今日はポイント、次回からは科目別の指導法を2回に分けて紹介していきます!

 

 

まず、家庭教師を利用する目的は、「学校や塾で理解できなかった部分を教えてほしい」「苦手科目を克服したい」という生徒が多いいと思います。生徒によって指導を替えるのは大変です。しかし、どの生徒に教えるとしても共通して言えるのは、「生徒の現状の学力・勉強習慣を正しく認識する」ということです。

 

まず、今の生徒に何が足りないのかをきちんと認識して

長期的な視野で生徒の成績をどのように伸ばしていくかを考えるのが良いです。

 

生徒の現状把握と目標確認を徹底的にしておくことが大切です。

 

 

学力は生徒によって異なりますが、学校や家で自学するのが苦手という生徒が多いです。

 

このような生徒は基本的に予習や復習の学習習慣がついていません。

 

なので、一番家庭教師が生徒にしてほしいことは、「勉強習慣を身に着けさせること」です。

 

勉強嫌いな子が急に予習も復習もできるはずがありません。

 

ですので、まずは「自主的に復習する」勉強姿勢を身に着けてあげてほしいです!!

 

では、どのように勉強習慣を定着させるかというと、学校の授業でやったことをまとめてそれを次の指導の時に説明してもらう。

 

そうすると学校の復習ができ、分からないところを説明できないので

 

家庭教師の指導の時にそこを教えてあげると、生徒の理解力も上がります!

 

ノートをまとめることができるようになったら、宿題として簡単な問題を出してあげ

 

指導時は少し難しめの問題を出してあげることでメリハリがあり、生徒さんもやる気を出してくれると思います!!

 

どうですか??意外と簡単ですよね( ^)o(^ )

いろいろな方法を試してあげてください!次回から科目別の指導方法を紹介していきます!

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年6月30日 12:03 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です