ノートのとり方のコツ~暗記用と勉強用で使い分けしましょう(^-^)/~


お世話になります(^o^)/

 

今回は前回に付随&続いてノートのとり方について紹介していきますね☆.。.:*・

今回も学生さん&高校生さん必見ですよwww

前回の記事はこちらから!

↓↓

科目別のノートの取り方!!~学生さん&高校生さん必見ですwwww~

学校では中々教えてくれないノートの取り方(^-^)/~学生さんは是非参考にして下さい!!~

 

 

「目的別」のノートのとり方について説明していきます(^-^)/

目的別はと「勉強用」と「暗記用」に使い分けるという事です!

 

〇勉強用

勉強に使うノートは出来事、原因、理由に分けて書く事がポイントになります!

といっても授業を聞きながらノートをとるのは難しいです。。

ですから後でノートを読み返した時に分かりやすいように矢印や吹き出しなどを使うのがよいです!

そして板書する時に大切なのは書き写すのではなくて、内容を理解してまとめて、自分の言葉で書くことです(≧∇≦)

〇「暗記用」

暗記用のノートを作る方と作らない方がいると思いますが、暗記用のノートを作ることで、もう一度ノートをまとめる事になるので自分のためになります(^-^)/

しかしまとめて満足する人も多くないと思いますが、しっかりまとめて満足する人も多くないと思いますが、しっかりまとめる事で頭にも入りやすくなりますし、内容も整理されます。

 

そして、覚えなけばいけないところを赤やオレンジで書いて赤シートで隠れるようにすることもひとつの手になります!

 

いかがだったでしょうか??

 

目的別でノートを作っている人は多いと思いますが、もう一度まとめ方を見直してみるのもいいかも知れませんね(≧∇≦)

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年6月30日 4:40 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です