世界と日本の大学生のアルバイトの違い!!~日本の最低賃金は……www~


こんにちは~( *´艸`)

 

今、皆さんはバイトをしていますか??

今日は興味深いものを見つけたので、紹介したいと思います!

 

それは、世界と日本の大学生のアルバイトの違いです!

 

まず、びっくりしたのがアルバイト経験率70%は日本の大学生だけなんだそうです!

大学の友達はほとんどの人がバイトをしているイメージがありますよね。しかし、世界では様々な理由と職種があります

 

 

世界の大学生がどんなアルバイトをしているかというと…

 

・州によって異なりますがアメリカでは、12歳以下の子供だけで留守番させることが法的に禁じられているためベビーシッターを短期間雇うことが一般的だそうです。

 

・ベトナムでは、旅行や観光ガイドのアルバイトが学生に人気だそうです。

 

・韓国では、賃金が安いことから両親が子供にアルバイトをさせることを好まず、大学の卒業条件が厳しいことなどから大学生は日々図書館で勉強をし、アルバイトをする人が少ないそうです。

 

・イタリアでもアルバイトをする人は少ないそうですが、イタリアの労働契約では週40時間のフルタイムと週24時間までのパートタイムの2種類があり、パートタイムが日本のアルバイトに感覚が近いかもしれないですね。

 

 

ちなみに世界と日本のアルバイトの給料の違いは図を見てもわかるように低いですね()

 

世界では労働者が最低限の生活を送れるかどうかだけを考慮して最低賃金を決めていることに対して

日本では企業の支払い能力にも配慮して最低賃金を決めているために

このような差が生まれてきてしまうそうです。

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年6月30日 12:42 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です