家庭教師体験談!!~家庭教師をしていて一番大変だった事( ̄▽ ̄;)~


こんにちは~(*’’)

 

今日は家庭教師を2年くらいやっている友達に聞いた、家庭教師をやっていて一番大変だったことを教えていただきました!

 

まず、生徒さんの紹介からしていきますね!!

 

小学校5年生の男の子です。

彼は大の勉強嫌いで、テスト前になっても「テストは実力で勝負するものだ」と言って勉強せず、遊ぶかゲームをするかしかしていませんでしたww

 

そこで、少しでもいいから勉強する習慣をつけてほしいということでお母さんが家庭教師を雇ったそうです!

 

先生が実際行ってみると、教科書はカバンの中に入ったままで、家で勉強した気配もなくノートを見せてと言ったら

ノートは取っていないということでした。これは大変ですね()

 

そこで先生は、生徒と約束事を決めやっていくことを決めました。

それは「先生がやろうといったものはしっかりとやる」ということです。

 

そこから先生は毎日彼ができる程度の宿題を出していましたが

約束したもののしっかりとやってきたことがありませんでした。

宿題は毎日できる量を出していたので、先生の来ない時も勉強をしている予定でした()

 

 

ある日の単元テストではほんの数点しか取れませんでした。

先生は家庭教師として生徒の成績を上げることができなかったのが一番の悩みでしたが

毎週毎週頑張って、親御さんと相談しながらも宿題を毎日やるという目標を達成するために頑張っていったそうです。

 

 

正解している、していない関係なく、宿題をやってくるようになった彼はまた別のテストで半分くらい点数が取れるようになったそうです!!

 

これは先生にとってももちろん生徒にとってもかなりうれしいことですよね。

それから彼はしっかりと宿題をやってくるようになり、分からないところを自分から先生に聞くくらい成長したと先生は言ってくれました。

 

 

私はこの話を聞いて、勉強嫌いな子はとりあえず毎日勉強することに触れることで点数もやる気も変わっていくんだなと思いました!!!

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年6月30日 12:55 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です