名古屋市中村区のご家庭に家庭教師へ!!~今日は理科の指導をしてきます(^-^)/~


 

皆さんこんにちは。

 

本格的に夏の気候になり、街でもちらほらとクールビズの方を見かけるようになりました。

そろそろクーラーを使い始めないと乗り越えられないくらい熱くなってきました。

受験生の皆さんにとっては正念場なのでみなさん体調管理には十分気を付けて頑張ってください。

 

 

さて、今日は前々回のブログからの続きで各教科の勉強のコツについて紹介していきたいと思います。

前回までの記事はコチラから(^-^)/

・名古屋市中村区のご家庭に家庭教師へ!!~国語と英語の指導をしてきました~

・名古屋市中村区のご家庭へ家庭教師へ!!~数学と社会の指導をしてきます~

 

 

そこで今回は理科についての勉強のコツについて紹介したいと思います。

 

みなさんは理科と言えばどんなイメージを持ちますか?(笑)

僕は理科という科目は実験が楽しい教科だと小学校の頃は思っていました。

しかし、そのイメージは中学に入ってから覆されることになります。

 

中学には入ってからは実験に加え、実践的な知識を身につけていくことが必要不可欠になりました。

また、単に知識を暗記するだけではなく、応用的な推測も必要となっています。

 

自分的な理科の勉強方法についてのイメージは

「理科の勉強方法」=「社会の暗記要素」+「数学の計算・応用的要素」

だと勝手ながら思っています。

 

理科における暗記要素は非常に多くて覚えてもすぐに忘れてしまうかもしれません。

私はそれを防ぐためにこまめに忘れていそうな単元の問題を問題集で解くようにしていました。

また、一つ一つ丁寧に暗記するように心がけていました。

 

また、計算問題についてはまずは公式などについて理解が必要であると思う。

算数・数学についての勉強のコツを紹介するときにも述べたと思いますが

公式は必ず丸暗記するだけでなく、理解するように心がけたい。

 

計算問題では応用になってくると難しい問題など出てくると思うが

基本を思い出してやれることができれば正解に近づけると思う。

 

すぐに点数をあげたい場合は暗記系の単元から入ることをおすすめする。

 

また、パターン問題が多く出題されることもあるので、一度問題集で解いた問題は必ず理解しておきたい。

 

 

今日はこの辺にしておきます♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

また、いろいろなテーマでブログを更新しようと思うのでよろしくお願いします。

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2017年6月15日 7:00 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です