小論文の文章構成と作成の仕方!!(^-^)/


お世話になります(^-^)/

 

夏の風物詩である甲子園が先週末に埼玉県代表の花咲徳栄高校の初優勝で幕を閉じました。

今年は私の母校も出場しているとのことでテレビに見入っていました。

 

私は毎年テレビで見ているのですが、いつかは現地で見てみたいなと思っています。ですが、暑さに弱い私は果たして現地での暑さに耐えられるのか疑問ですけどね(笑)。

 

前置きはこの辺にしておいて、今回は小論文について書いていきたいと思います。

 

推薦入試やAO入試や私立の一部の大学の方式で使われている小論文ですが、書き方がよくわからないという声をよく耳にします。

小論文はAO入試や推薦入試の結果を大きく左右します。

 

私の感覚ですが、初めて何も勉強しないで小論文を書くと大半の人が感想文のようなものを書いてきます。

 

文章を読んで自分の感じたことを書くのが感想文で、文章を読んで自分の考えや自分の意見や主張を書くのが小論文です。

 

ここからは小論文を書くことにおいて大切なことを書いていきたいと思います。

 

まず、与えられた文章をしっかりと読解することが大切です。読解することができなかったら自分の意見を書くことは不可能です。

 

次に与えられた文章の筆者の主張に自分自身が賛成なのか反対なのかを明確にする必要があります。

 

また、自分で問題提起しなくてはいけないパターンの問題も存在します。

 

問題提起のやり方として、①賛否両論ある ②自分の手に負える ③社会にとって大事なこと

の三つがある。

 

次に必ず具体例を入れておくことです。自分が筆者の主張に賛成でも反対でも一般論だけ述べていたら説得力がありません。

説得力を持たせるために具体例を用いるのが良いと思います。

 

また、序論・本論・結論の三つの構成にしっかりと分けて述べていくとうまくまとめることができてかけると思います。

 

今回はここまでとします。

また次回すぐに更新しようと思うのでぜひ見に来てください。

この記事をシェアする

カテゴリー: 勉強のコツ

2017年8月29日 12:34 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です