◆家庭教師のアルバイトに向いていない人の4つ特徴◆


 

お世話になります(^-^)/

 

家庭教師アルバイト「ミノクル」です。

 

今日は名古屋市緑区、三重県いなべ市に伺って貰える家庭教師のアルバイトの方々の研修を行っておりました!

これからよろしくお願いします!

 

基本的に皆さんアルバイトなので研修の中に面接なども含めて行っているのですが、、、

正直家庭教師には向いていない特徴というのがあります。

 

今日は家庭教師のアルバイトに向いていない3つの特徴についてお話していきます!!

 

①学力不足

家庭教師の仕事は勉強を教える事なので、基礎学力が必要になります。

基礎学力というのは小学生、中学生で履修をする5教科の問題を解けない事には指導を円滑に進める事が出来ません。

高学歴じゃないといけないという事ではなく、小学生、中学生で習う内容が平均的に解くことが出来れば問題はありません。

 

②主観的

主観的に指導を進めていくとお子さんがペースについていけなくなる可能性があります。

相手は小学生、中学生ですからその子達のレベルに合わせていかなくてはなりません。

こ家庭教師のアルバイトや塾のアルバイトの経験者の方にある傾向ですが、自分の考えている指導方法をお子さんに押し付けて指導をしている方がいらっしゃいます。

となるとお子さんが理解が出来ないまま勢いで「わかった」と言っても心の中では全く分かっていない時もあります。

家庭教師はお子さんが「どんな性格か?」「どんな考え方を持っているのか?」「どの単元のどこで躓いているのか?」を見極める事が大切です。

なので主観的よりもまずは客観的な視線を持つ事が必要です。

 

③忍耐がない

塾や家庭教師をするという事はそもそも勉強が嫌い、勉強が苦手な可能性があります。

むしろ殆どのお子さんは勉強が嫌いだったり、苦手だと思います。

となると普通2、3回教えれば理解出来るモノがもしかしたら理解出来ないかも知れません。

そうなった時粘り強く同じところを教えたり、その前の段階で躓いてしまっていないか考えなければいけません。

しかも教えたからすぐに成績に比例すればいいのですが、すぐに成績が上がっていかない事もあるかも知れません。

そうなった時お子さんの事を考えて、指導を最後まで諦めずに試行錯誤していく事が家庭教師には必要になります。

 

④コミュニケーション能力がない

これは言い換えれば伝える技術に言い換える事が出来ます。

思い返して欲しいのですが、形式的に教える先生の授業って面白くありません。

しかしそれを普段の生活に例えて解説、説明をしてくれたり、何に役に立つ、活用出来るのかを伝えて教えてくれる人では頭への知識の入り方が全然違います。

勿論そのコミュニケーションの取り方というのは研修でお伝えするのですが、その時に会話のキャッチボールがある程度取れる人でないと、実際ご家庭でお子さんや親御さんとコミュニケーションをと取るのが難しくなります。

 

 

いかがでしたでしょうか??

 

家庭教師のアルバイトは特別な資格や学歴は必要ではありませんが、それでもアルバイト=仕事であるのは間違いがありませんので、一般的なアルバイトでも必要とされるスキルは必要になります。

 

是非今後の参考になって頂ければ幸いです☆.。.:*・

 

先生お申し込みはこちら

 

 

この記事をシェアする

カテゴリー: 日記

2018年5月19日 4:40 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です